MENU

東京包茎治療ランキング

包茎手術をしたのだけど、まだ皮が余っているのは?

包茎治療によって、余っている皮を切除したにもかかわらず、治療後も皮が余っているような状況になっている方もいるのではないでしょうか?
包茎治療を折角したのになんでこんな風になってしまうのか? 実はこれには理由があります。
包茎治療というのは余分な皮を切除するために行うものではありますが、実はこの皮というのは切除しすぎても良くないのであります。
包皮を切除しすぎると、勃起した際膠が引っ張られすぎることによって、ひきつれや痛みを伴います。
このようになってしまいますと、日常生活にも影響が出るばかりではなく、カントン型の包茎に発展する可能性もありますので大変危険です。
そうならないようにするためにも、皮というのは一定量のこすようになっているのです。
反対に、意志の腕などが悪い場合ですと、本来ならもうちょっとちゃんと切るべきところであったとしても切除せずに
皮が長めに残ってしまったりすると、皮がかなり余ってしまって包皮が勃起をしたとしても完全に亀頭にかぶってしまうケースというものもあります。
こちらの場合には、もう一度治療によって切除することがおすすめされます。
皮についてはどれくらい余っているかや、治療が問題なく行えているようなものなのかというのは実際に見てみないとわからない部分が多いです。
ですので、治療後に皮が余っているのがどうしても気になる方は、東京にもあるクリニックでの無料カウンセリングを受けることをおすすめします。